初心者でもわかるビットコインの購入方法

コイン

近年注目されているのが仮想通貨です。仮想通貨とはインターネット上に存在する電子的な通貨のことです。通常のお金と同じように物品やサービスの対価として使用でき、専門の取引所を介して円やドル、ユーロと交換することが可能です。

一見SuicaやPASMOなどの電子マネーと同じように思えますが、電子マネーと違って発行元が存在せず、換金性があるという違いがあります。そして、仮想通貨の中でも代表的なのがビットコインです。誕生以来価値が上昇し続けており、近年でも新たな投資先として選択する人が増えつつあります。ビットコインは投資初心者でも運用しやすいため、小額から投資を始めたいという方にもおすすめです。

ビットコインの購入についてですが、一般的なのは取引所を介する方法です。取引所には日本国内の取引所と海外の取引所がありますが、初心者はまず日本国内の取引所から利用することをおすすめします。ビットコインの購入にあたってまずは取引所へ日本円を預け入れる必要があります。入金方法にはコンビニ支払いや銀行振り込みなどがあり、自分の都合に合わせたやり方を選択することが可能です。

そして入金が完了したら購入という流れになります。ちなみに取引所には何社かあり、手数料などで若干の違いがあります。事前に比較を行い、自分に合った取引所を利用することをおすすめします。

ビットコイン投資初心者は価格の動きに慣れる必要がある

仮想通貨

ビットコインの投資をこれから始めようとする初心者の方は、いきなりコインを購入する前に、最低限の知識を身に付ける必要があります。そして価格の動きになれないといけません。2017年に入ってからは、バブルと言われるほどビットコインの価格が高騰しているからです。

早く投資に参入しなければ出遅れてしまうとか思うかもしれませんが、慌てる必要はありません。投資は基本的にすぐに始めることができます。チャートの見方や売買のタイミングなどを覚えれば、いつでも参入できます。

逆にこれだけビットコインの価格が高騰している時に、初心者がいきなり買っても損失を抱えてしまう可能性も高いです。

投資はしっかりとした知識を身につけておくと、最初のうちに大きく財産を失うという残念な結果になりにくいです。

現在ビットコインは値下がりをした時に購入をし、じっと待っていれば利益になりやすいです。右肩上に値上がりしてるからです。しかし右肩上がりと言っても、時々かなり大きく急落したりもしています。

初心者の方はそのような値動きがあることを十分に知っておかないと、投資をスタートしてから損失を抱えてしまった時には不安で仕方がなくなったりするかもしれません。十分に知識を得てから、資産と技術に応じた投資をしていくべきでしょう。

ブックメーカーもビットコインでベッティング

ブックメーカー

ブックメーカーとはイギリスを中心に欧州で定番のスポーツの勝敗予想をする賭けです。

サッカーやプロ野球の試合で、勝利チームを予想して賭けます。日本のプロスポーツも多数が、ブックメーカーにオッズがあります。相撲や競馬もあり、日本人のユーザーも増加しています。

今までの手続きは、「エコペイズ(ecoPayz)」「スクリル(Skrill)」「アイウオレット(iWallet)」などのインターネットバンクの口座開設してはじめなければなりませんでした。

しかしビットコインならば、口座開設よりもはやくブックメーカーをスタートすることができます。

最近では、ビットコインでベッティング可能なブックメーカー会社が増えてきました。ビットコインの認知が高まるにつれ、ビットコインに特化したブックメーカー会社もあります。

保有している、もしくはビットコインとブックメーカーの両方に興味があるようでしたら、はじめてみてください。